KIMURAMED 麻酔器や人工呼吸器を中心とする動物用医療機器や実験用機器の製造販売をしております。保守点検も承ります。

Supraglottic Airway Device, v-gel advanced

販売名:上気道確保器具「ウサギ用v-gel®advanced」、上気道確保器具「ネコ用v-gel®advanced

動物用声門上気道デバイス v-gel®がリニューアル登場。

v-gel®は、かつて気道確保の新たな方法を提案し、獣医療に大きなインパクトを与え、以来、今日まで世界各国で広く使用されるデバイスとなりました。

その後もRDによる研究は継続され、そこにユーザーからの数多くのフィードバックが加わることにより、v-gel®advancedとしてさらなる進化を遂げることができました。


【ウサギ用】

【ネコ用】


デバイスを患者に挿入すると、デバイスのチップ(先端)が自然に食道上部に侵入して停止し、食道と咽頭部をシールドします。

同時にカフ(ボウル)が喉頭全体を覆うことで、簡単迅速に気道を確保することができます。

v-gel®advancedの主な特徴

 v-gel®は喉頭をカフで覆うことによって気道を確保する世界初の獣医療用声門上気道確保デバイスです。

ウサギ、ネコのそれぞれの解剖学的構造に起因する諸問題を解決することができます。

●解剖学的構造に軟質の造形をマッチさせて高い気密性を実現。

挿入にかかる時間は4~6秒安全かつ容易に気道を確保。

● 柔らかな素材で食道や喉頭、気管などへのダメージを回避。

● 術後の咳こみや吐き気の大幅な低減。

●気道チャネルが大きく、気道抵抗を最小化。

●先端が食道上部をシールすることで胃内容物の逆流を防止


進化したv-gel®advanced

 オリジナルv-gel®の長所はそのままに、さらに改良を加えました。

1.人工呼吸器への確実な対応 

フォルムと素材を改良することで気密性を高め、人工呼吸時における安定感がアップしました。 

2.歯科(口腔)処置時のアプローチの向上

広い気道チャネルを確保したまま、全体をスリム化することで、口腔内に広いスペースを生み出し、

視認性と器具のアプローチ性を確保しています。

 3.ディスポーザブル

安定した機能と交差感染の防止のために単回使用になりました。 

4.より機能的なフォルムへ

1⃣ コネクタ部 :死腔(デッドスペース)を最小化しています。

2⃣ リッジ部 :紐やハーネスを用いた保定が容易になります。

3⃣ ショルダー部:過剰挿入を防止し、挿入後のズレを回避します。

4⃣ カフ(ボウル)部 :喉頭にやさしくフィットします。

5⃣ チップ部:食道をシールドすると同時に胃内容物の逆流を防止。


【サイズガイド】

【ウサギ用】

【ネコ用】

※サイズガイドはあくまで目安です。

※本製品はディスポーザブルです。 

※オークレイブによる再利用はできません。

※販売単位:

  • 3(ウサギ・ネコ別/サイズ別)
  • オールサイズ各1個(ウサギ・ネコ別)

【推奨アクセサリー】

VetLube® 潤滑剤

v-gel®advancedをはじめとする気道確保デバイスのスムーズな挿入をサポートするように設計された滅菌水性潤滑剤です。

スプレー式噴霧でデバイスの表面に潤滑剤を薄くコーティングすることができます。

特長:無色、無臭、無染色

成分:水、グリセロール、カルボマー、ソルビン酸カリウム

獣医用向け設計。30ml。


d-grip® チューブホルダー

回路やカプノモニターの患者への重量負担を軽減します。また術中のズレや回路類のスパゲティ状態を回避し、安定的な挿入や挿管をサポートします。

3本の脚はフレキシブルに稼働し、ホルダー部も垂直から水平まで自由に調整できます。


可動ストッパー付きハーネス

バルーンタイプのカフを持たない「v-gel®」では、保定が成否を左右する重要な要素です。v-gel®」を喉頭側に押し込みながらハーネスで患者に保定します。耐久性に優れ繰り返し使用が可能です。

摩擦力の強いプラスチックチューブに可動式ストッパーが備わっているため、手術中に緩みが生じてしまうようなストレスがありません。


【その他の推奨アクセサリー】

マイクロカプノ50
マイクロカプノ50
パルスオキシメータ「Anipal」
パルスオキシメータ「Anipal」