KIMURAMED 麻酔器や人工呼吸器を中心とする動物用医療機器や実験用機器の製造販売をしております。保守点検も承ります。

アスパーガード

販売名:誤嚥防止「アスパーガード」

誤嚥を防止し、歯科処置の安全性を高める!

歯科処置において、喉頭部に汚水や歯垢・歯石が滞留することは誤嚥リスクに繋がるため、細心の注意を要するところです。

多くのDr.は、ガーゼを詰めたりして工夫対応していますが、隙間を完全に埋めることは難しく、またガーゼの取り残しにも注意を払う必要があります。

アスパーガードは気管内挿管時の誤嚥リスクを回避します。

喉頭部の隙間を、優しく膨張するスポンジ状素材で塞ぐことで、口腔や歯科処置時に発生しうる異物(歯垢・歯石・液体など)の誤嚥を物理的に防止します。処置後の取り忘れを心配する必要もありません。


使用方法

  1. 適切なサイズのアスパーガードを選択します。

  2. アスパーガードを水で濡らし、柔らかくなるまで揉みほぐします。

  3. 余分な水を切ります。

  4. 気管内チューブをアスパーガードの孔に通し、そのまま挿管します。挿管の際、気道の視野を確保するために、アスパーガードを手前に寄せます。挿管後、再度、アスパーガードを気道側に押し込みます。

  5. 挿管後、アスパーガードは徐々に膨張し、やがて程よい柔軟性を残したまま、喉頭部を隙間なく塞ぎます。

  6. 処置終了後は、気管内チューブと一緒に静かに取り出します。

アスパーガードは水分を吸収することで徐々に膨張します。


主な仕様

  • 原材料:合成樹脂(ポリビニルアルコール)

  • 非滅菌

  • 取り残し防止ストリング付き
  • ディスポーザブル(単回使用)
  • 各サイズ(小・中・大)18個入

使用する気管内チューブの内径をご確認ください。


事例